読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系大学院生で,主婦で.

アトピーとうつ(適応障害)と主婦業と.ベースは大学院生

「若手」の良さって?

大学でキャリアについてのイベントがあると,大体は

 

「若手研究者」

 

って言葉がほぼ出てくる.

 

在学生は基本的に18歳から25歳くらいの人が多いので,「若手」に該当するのは間違いないのだ.

その人たちが,キャリア形成を考えるときにやっぱり参考になるのは「若手」と呼ばれる人たちで,大学に残り博士を取って助手...とか,大学は変われどどこかで博士を取って...という人たちが多い.

 

それを見ながらふっと思ったけど,

 

「婚期逃さねぇか??」

 

ということである.

 

「私は理系である.キャリアのステップアップをしたい.博士号も取りたい.研究をどこかで続けたい.」

 

「私は女性である.家庭が欲しい.若いうちに子供が欲しい.」

 

という二つの思いを抱えて生きている.

これをじっくり考えるとちょっと困ることが出てくるのである.

 

「もし,大学に残って研究をしたら,間違いなく家庭を作ることができない.」

 

理系女子に有利な世界になってきても,ロールモデルが少ないので参考にしづらい...