理系大学院生で,主婦で.

アトピーとうつ(適応障害)と主婦業と.ベースは大学院生

うつっぽい人の不安が襲っているなう状態

現在進行形で不安が襲ってきてます…

 

さっき,頓服の不安を和らげる薬を飲んだけど,ちょっと無理っぽそう.

これはしばらく休む必要があるかも.

 

 

修論が終わってホッとしているときに襲ってくる.

私は,何か終わった後がもっともヤバい.1週間ぐらい気をつけなきゃ.

 

そんな中で,研究室で研究しようとしているもんだからそりゃダメになるわな.

 

不安な時は,頭の中を嫌な思い出が駆け巡ります.

誰が何と言おうとほぼすべて悪い言葉ととらえてしまいます.

たとえ場,「すごいね」って言われたとしたら,「まぁ,ほんとはすごくないけどほめてやるか」って聞こえます.

注意の言葉はすべて叱りの言葉に聞こえます.

「◯◯に気をつけてね」って言われると,「お前は◯◯出来ないどうしようもない奴だ,俺らは出来るけど」って聞こえます.

叱りの言葉はすべて私を貶める言葉に聞こえます.

優しめの叱りでさえ,「お前はオカシイ」と言っているように聞こえます.

 

すべてがこんな風に聞こえるので,会話がとても辛いです.

でも,仕事をするにも会話をしなきゃいけないので,どうしたらいいか分かりません.

数秒前までは元気だったのに,いきなり涙が止まらなくてとても困っています.

誰か助けてください.

 

好きな事をしていても涙が出てきます.

人の言葉を悪い方向にとらえてしまいがちなので,人と会話はほぼできません.

よって,外に出かけることは難しいです.

だって,まわりの人からしたら,「あいつ,さっきまで元気だったのにどうしたんだ?」ってなるでしょ?「変な奴だ」って思うでしょ?

他の人からしたら,こんな経験ほぼないでしょう.いきなり不安が襲ってきて,頭から離れなくて,涙が止まらなくてどうしようもないこと.

みんなからしたら,わけが分からないから,「おかしな人」になってしまう.

私も何で起きるか分からない,自分で知りたい.

逆に,何でみんなには起きないのか知りたい.

 

起きているときはとても辛いです.

いつ起きるかも分からないから辛いし怖いです.

 

誰か助けて欲しいです.

 

 

 

「若手」の良さって?

大学でキャリアについてのイベントがあると,大体は

 

「若手研究者」

 

って言葉がほぼ出てくる.

 

在学生は基本的に18歳から25歳くらいの人が多いので,「若手」に該当するのは間違いないのだ.

その人たちが,キャリア形成を考えるときにやっぱり参考になるのは「若手」と呼ばれる人たちで,大学に残り博士を取って助手...とか,大学は変われどどこかで博士を取って...という人たちが多い.

 

それを見ながらふっと思ったけど,

 

「婚期逃さねぇか??」

 

ということである.

 

「私は理系である.キャリアのステップアップをしたい.博士号も取りたい.研究をどこかで続けたい.」

 

「私は女性である.家庭が欲しい.若いうちに子供が欲しい.」

 

という二つの思いを抱えて生きている.

これをじっくり考えるとちょっと困ることが出てくるのである.

 

「もし,大学に残って研究をしたら,間違いなく家庭を作ることができない.」

 

理系女子に有利な世界になってきても,ロールモデルが少ないので参考にしづらい...

 

理想の一日と現実の一日

私は,工学系の理系大学院生である. かつ,主婦業もしている.

子供こそいないが,家事をほぼしない会社員の彼氏を支えつつ,研究をしているのである.

 

自分のように,理系院生で主婦をしている人はどんな生活を送っているのだろうと思いながらググると...

 

ほぼヒットなし!!

 

ヒットがあったとしても,2005年ぐらいのちょい古めだったり,主婦の方が文系の院生になった話だったり,お医者さんの話だったり....

理系(工学・理学)で院生で兼業主婦のブログ,体験談なんてほぼ見つからない!!

見つかったパターンとしては,

「博士課程まで進んだ人.旦那さんは同じ研究室の人(先輩か同期)」

などという,すごい経歴の方だったよ…

 

これだけリケジョが増えれば,文系男子との組み合わせが生まれてもおかしくないんじゃないか?!なのに何故体験談がないのだ?!などと憤りながらも,

 

Google先生でも知らない....だと...??

とか思ってみたりしているわけだ.ってことで,自分の体験談を少し.何かの役に立てばいいなと思う.

 

まずは,理想の一日と現実の一日を紹介したいと思う.

 

~理想の一日~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 6:00 起床.彼氏より先に起きて身支度を整え,朝ご飯を作る(和食).

 7:00 彼氏を起こす.出来立ての朝ご飯を一緒に食べながら,ニュースを見る.

 7:30 彼氏が身支度を整えている間に片付け,洗濯など.

 8:00 彼氏出勤.見送りつつ軽く掃除したのち,私も研究室へ.

12:30 研究室のみんなと昼ご飯へ.ちょっとした息抜き.

15:00 研究の休憩.コーヒーブレイクみたいな.

18:00 研究室から帰宅しつつ,夕飯の買い物へ.

19:00 彼氏帰宅.その後夕飯.適当なものでごめんねと言いつつから揚げを作る.

20:00 お風呂など寝る準備.就寝まで二人で好きなことして過ごす.

23:00 就寝とかいいつつイチャイチャしながら寝る.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「これ妄想?」と思われる個所もあるが,それは置いといて(笑)

これが理想の一日である!!

 

~現実の一日~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 7:00 彼氏起床.横でうっすらと目が覚めるが布団でゴロゴロ.

 7:50 自分の朝食作り.彼氏は身支度に時間がかかるため,食べないそうで.

 8:00 見送り.その後すぐに研究室に行く.

12:00 ぼっちめし

18:00 研究室から帰宅しつつ夕食の買い物.

19:00 彼氏帰宅.一汁二品.

20:00 風呂入りつつ洗濯とか.

22:00 やっと自由時間.大体ゲーム.家事が残っている時はここで済ませる.

23:00 就寝.ロングスリーパーなので電気消したらすぐ夢の中.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

文章に起こすとクソみたいな一日だな(笑)

これが現実.ついでに現実の一日忙しい時verを.

 

~現実の一日 忙しい時ver~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 7:00 彼氏起床.

 7:30 物音で起床するものの,布団の中でゴロゴロする.

 7:50 自分の朝食作り.彼氏は身支度に時間がかかるため,食べないそうで.

 8:00 彼氏と同時に家を出る.

12:00 ぼっちめし

18:30 研究室から帰宅しつつ夕食の買い物.

19:00 彼氏帰宅.一汁二品.

20:00 風呂入りつつ洗濯とか.

22:00 残っている家事を片付けつつ再び研究室へ.

 

未明  終わり次第帰宅,彼氏を起こさないように就寝.

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これが忙しい時verで,就寝は大体1:00~2:00ごろになる.(帰宅せずに朝までってこともあった.)

理想の一日を目標にして頑張ってたけど,ある日

「疲れすぎる.無理」

となって辞めたよ☆(他にもいろいろと理由はある)

 

辞めることを決心して以来,手を抜くことを目標にし始めたよ(笑)

22:00以降の自分の時間を確保するために,なるべく余計なことはせずにいるよ(笑)

その時間だけが唯一の(?)癒しだからね

 

 

変人の気持ち

単なる愚痴しか書かないかもしれない.

 

私は,人と大分変わっている,とよく言われる.

これに関して,こちら側の気持ちを述べると

 

「非常につらい」

 

である.

 

理由を述べていく.

1.人の当たり前が,分からない

「こういう時どんな気持ちか考えろよ!!」とか言われないまでも,人とは感性が異なるらしい.こういわれたらアスペ疑惑かかるよね.

というか,人がどんな気持ちなのか外見で判断できなくね??なんて思っているので,悲しい顔してれば「悲しいんだな」ぐらいにしか思わない.けど,世の中の人たちは,「○○して××もしていてかわいそうだな悲しいんだな」と思うらしい.で,私も真似してそこまで考えるわけだ.かわいそうだから手助けしてあげると,人からお節介ババア扱いされたり,厄介者の判断が来るわけだ.

これは,人に説明をするときや,パワポを作るときに一番厄介である.人の基準が分からないから徹底的に作りこむと蛇足と言われ,蛇足と言われたから省くと足りないといわれ,よく分からんのだ.それでもって,採点者は採点したがる.みんな合格点取れるような説明とかパワポとか作れるのに,私はいつも不合格.いっぱい教えてるのにとか言われても,いや知らんがな,としか思わない.とにかくいつも不合格はつらい.

 

2.どう振る舞っていいか分からない

新しい環境に入ると,どう振る舞っていいか分からないのである.「今まで通り振る舞えばいいよ」なんていうやついると思うけど,その環境にはその環境ならではの振る舞い方がある(と思う).で,その環境での適切な振る舞い方ができないと,「あいつ変った奴~」となる.これがいい方向に転べばよいが,すべてはいい方向に転ぶとは限らない.なんだかんだで嫌われる方向に進むのである.

もちろん,そういうことにならない環境もあることは分かっている.でも,「ウチは多様性を認めてるから(笑)」とか宣う環境こそ,そういうことが起きやすい環境ではないかとも思っている.(この辺は私の超個人的な考えで愚痴である)

 

3.だからと言って診断はつかない

ここまで聞いてきて,「おや,こいつはアスペかな??」と思った人も多いと思う.

でも,残念ながら(?)私はアスペではないのである.

もしかしたら診断つく可能性も微レ存かもしれないが,とりあえずいろんなことやった結果とか,いろんな人から見てもらうとこれはアスペではないらしい.

ここまで困っていても,診断はつかない.限りなく白に近いグレーなのかもしれないし,黒に近いグレーかもしれない.それは誰にも分からないことである.

これについて,「スペクトラム」という考え方がしっくり当てはまる.スペクトラムとは,連続体みたいな意味で,色の境目がない虹を思い浮かべるとよいと思う.

虹は7色と言われているが,実際には色が無限にある.色の境目は分からないのである.これと似ている.「自閉症スペクトラム」なんて呼ばれてたりする.

この中でしっくりくる図がいくつかあるので,それを見てもらえれば分かるんじゃないかと思う.

自閉症スペクトラム図 - Google 検索

 

 

・最後に

いままでノリでざっくり書いてきたけど,私は「私」を生きることに大変で,少しだけ,一般人のふりして生きていかなきゃいけない時がある.やっぱり,「あいつなんか変」という感じで疎外感は感じる.大半は私の行動が悪くて嫌われてるだけだと思うけど,それでもやっぱり生きにくいなあとは感じているよ.

休職を繰り返すのは悪いことなの?

こんな記事みつけた.読んだ.

 

news.yahoo.co.jp

 

うつ病で休職した人の半数は,また休職しちゃう.休職を繰り返さないような配慮が必要だよねっていうニュース.

ツイッターでは,これに対して「うつは甘え」だの,「『うつは甘え』とか言ってる人こそ配慮が足りない人だよ...」とか,「職場変えるのもありじゃね」とか,様々な意見があった.

 

これに対する自分の考えをちょっと書いていく.あくまでも自分の考えで,自分が今思ったことをつらつらと書いていくだけの範囲であることは注意してほしい.

 

私自身,適応障害抑うつ状態になったことがあり,休養が必要だと言われたことがある.私の場合は会社勤めではなく,学校に行っている時であった.休学すべきなのかわからなかったし,そもそも「休む」ということがどういうことなのか分からなかった.一人暮らしをしていて両親とは離れて暮らしていたし,そもそも両親はメンタルへの理解がない人間であるので頼りにはならなかった.

 

仲の良い友人に相談して,出席を取らないような授業は休む,授業の資料を取ってきてもらうなど工夫して乗り越えたのである.これが大学3年生での話.

そのあと,抑うつ状態は何度も繰り返した.4年生になり研究室で大半を過ごすようになっても繰り返したし,大学院で違う研究室に代わっても抑うつ状態はひょっこり顔を出しては私を殺そうとしてきた.この2年半で,抑うつ状態に大きく呑み込まれたのが3回,小さく呑み込まれたのは数えきれない.

 

こうやって何度も呑み込まれるとちょっとは慣れてくる.で,分かることも出てくる.それは,うつに完治はないかもしれないということである.うつには「完治」より「寛解」という言葉が似あう.そう感じた.

 

 

 

どうしてうつは治らないのだろうか?

 

 

 

うつになる要因の一つに,当人の性格がある.環境の変化に敏感である人や,完璧主義な人など,うつになりやすい性格はたくさんある.ストレッサーにうまく対応できないとメンタルがやられてしまう.でも,性格を変えることは大変なことである.

私自身,頑固な性格が災いして抑うつ状態に陥ることが多かったと考える.○○でなきゃいけない,○○しなきゃいけないという思いが強く,悩まされた.2年半たっても治ってない部分もある.

 

うつによる休職期間はあくまで「休む」だけの期間である.うつは休むことによって良くなることもあるが,「完治」はしない.風邪をひいたとき,安静にしていれば熱は下がるが,咳や鼻水がしばらく続くものと似ていると考える.咳や鼻水が続く間に,無理をすればまた風邪がぶり返すだろう.うつもこれと一緒である.休職が終わったからと言ってうつが完治したのではなく,ただ熱が下がっただけの状態である.

咳や鼻水が続く間は,熱がぶり返さないように激しい運動を避けたり,体を冷やすことを避けるだろう.うつの人にとっては,この「咳や鼻水が続く間」がとても長いのである.なぜなら,うつになった要因の対処に時間がかかるからである.

 

そう考えると,何度も休職を繰り返すことはある程度どーしよもないことなのかもしれない.

 

 

………長々と書いてすごく崩壊しているような気がしてきた...まぁ,休職繰り返してしまっても仕方ねぇんじゃね?っていうのと,何回休職したとしても,働いてることはすごいことやで!!!っていうのは言いたい.

1回うつで休職したから2回目は良くないんじゃない?みたいな意見が多いけど,働き方の多様性を認めるなら,長期働く→長期休むみたいな雇用形態があってもいいんじゃない?給料とかに関する問題は誰かエライ人考えて…